2010年01月22日

<訃報>大塚雄司さん80歳=元建設相、元自民党衆院議員(毎日新聞)

 大塚雄司さん80歳(おおつか・ゆうじ=元建設相、元自民党衆院議員)10日、心不全のため死去。葬儀は近親者で済ませた。喪主は妻智子(ともこ)さん。

 76年の衆院選で初当選。当選6回。第2次海部改造内閣で建設相を務めたが、93年の衆院選で落選。自民党を離党し、96年の衆院選で旧新進党から出馬したが落選し、政界を引退した。

不動産取引で26億円所得隠し=銀座のビル売買めぐり−会社社長ら逮捕・東京地検(時事通信)
<内閣法制局長官>政府特別補佐人から外れる(毎日新聞)
<直木賞>白石一文さん親子で受賞 父は8回目の候補で(毎日新聞)
小沢氏が東京地検特捜部の事情聴取要請を応諾(産経新聞)
交番の巡査、落とし物の19万円ネコババ(読売新聞)
posted by にくやのむすこ at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

神社撤去 最高裁、過去の基準は「目的効果」(産経新聞)

 政教分離原則について争われた訴訟で、これまで最高裁大法廷が憲法判断を示した主な訴訟は3件あった。

 憲法は、信教の自由を保障した20条と、公金などを宗教団体への便宜や維持のために支出することを制限した89条で政教分離について規定している。

 津市が市体育館の起工式を神道形式で行い、費用が公費から支出されたことが違憲かどうかが問われた津地鎮祭訴訟で、大法廷は昭和52年、違憲か合憲かの判断基準として、「目的効果基準」を示した。

 これは完全な政教分離は不可能との前提で、「行為の目的や効果が、社会・文化的諸条件に照らし、信教の自由確保との関係で、相当とされる限度を超える場合には許されない」と判示。起工式の目的は工事安全を願うなどの世俗的なもので、効果は神道の援助や他宗教の圧迫ではないとして、合憲と判断した。

 この基準が過去の判決で踏襲されており、基準に照らして違憲と判断されたのは、靖国神社の祭祀(さいし)にあたって、玉ぐし料などを公金から支出したことの是非が争われた「愛媛玉ぐし料訴訟」(平成9年)だけだった。

<大雪>石狩市で1日に54センチ 16年ぶり記録更新(毎日新聞)
北澤発言でまたまた露呈 鳩山政権の閣内不一致(J-CASTニュース)
大阪・富田林ひき逃げ 2審は実刑 大阪高裁(産経新聞)
谷垣氏も首相と小沢氏追及へ 自民、集中審議開催要求(産経新聞)
<石川衆院議員>政治資金規正法違反容疑で逮捕へ…東京地検(毎日新聞)
posted by にくやのむすこ at 05:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。