2010年04月17日

乗客50メートル引きずりタクシー逃走 大阪・南船場(産経新聞)

 10日午後11時55分ごろ、大阪市中央区南船場の長堀通の東行き車線で、タクシーに客として乗っていた同市阿倍野区阪南町の会社員の男性(29)と、運転手の男が口論になり、車外でつかみ合いになった。その後、運転手は運転席に乗り込み車を発進。半開きになったドアから車にしがみついた男性を、約50メートル引きずって転倒させた。男性は肩の骨などを折る重傷。南署は殺人未遂容疑で、逃げたタクシーの行方を追っている。

 南署によると、運転手は40〜50歳。男性は北新地で飲んだ後、阿倍野区の自宅まで帰宅する途中で、運転手の接客態度をめぐって口論になっていたという。

【関連記事】
大阪・泉大津の引きずり事件 18歳少年を中等少年院送致に
車3キロ引きずり元ホスト、殺意を否定 初公判でメモ読み謝罪
女性はねて600m引きずる タクシー運転手逮捕
万引止められ、警備員を転倒させる 容疑の中3逮捕
カーナビ奪い逃走 追いかけた店員、車で引きずる 水戸

放送ジャーナリストのばばこういち氏死去(時事通信)
<火災>住宅全焼2人不明 愛知・蒲郡(毎日新聞)
<現金輸送車襲撃>2被告、起訴内容認める 津地裁初公判(毎日新聞)
部下への指示、改めて否定=村木元局長、涙ぐむ場面も−郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
0歳長男に暴行、父逮捕=頭を蛇口にぶつける−大阪(時事通信)
posted by にくやのむすこ at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定(産経新聞)

 経済産業省は8日、再生可能エネルギーの大量利用などを可能にする次世代送電網「スマートグリッド」の大規模な実証事業を行う横浜市などの4地域を発表した。横浜のほか、京都と大阪、奈良にまたがる「けいはんな学研都市」、愛知県豊田市、北九州市。各地域は6月下旬をめどに事業計画の素案をまとめる。事業規模の合計は1千億円程度に上る見込みだ。

 横浜市の試験には東電、東ガスのほか、東芝、パナソニック、アクセンチュア、日産自動車などが参画。「みなとみらい」「港北ニュータウン」「金沢グリーンバレー」の3地区で、計約4000世帯の一般家庭やオフィスビルなどが参加する。

 3地区で合計2万7000キロワットの太陽光など自然エネルギーや燃料電池などを導入。スマートメーターと呼ばれる双方向で通信できる電力検針機器や蓄電池などを導入して家庭やオフィスビルなどの電力使用状況を把握した上で、需要予測と電圧の最適制御を自動的に行えるようにする。「地産地消」型の分散型電源と既存電力網を共存させることで、先行する米国とは違う日本版技術と位置づけている。

 また、約2000台の電気自動車(EV)を配備。EV用には高速充電器のほか、太陽光発電でまかなえる次世代ガソリンスタンドも整備し、新たなサービスやライフスタイルも提案する。

 横浜市によると、街ぐるみで電気や熱、自然エネルギーを融通することで2025年までに3割の省エネと二酸化炭素(CO2)削減を目指す。工場や商業施設ごとに省エネを進めるよりも削減効果が期待できるためだ。

 けいはんな学研都市では関西電力や大阪ガスなど、愛知県豊田市では中部電力や東邦ガス、トヨタなどが参加して実験。北九州市でも同様の展開を計画している。

 電力とガス業界はこれまで、家庭や工場向けの熱源獲得をめぐって競争してきたが、今回は両業界が手を組めば「熱と電気を融通しあえる」(大ガスの尾崎裕社長)ほか、「大規模な温室効果ガスの削減につながる」(東電幹部)と判断し、同じ試験に参加することにした。

 スマートグリッドの実証試験はこれまで、沖縄県宮古島などの離島や小規模なものにとどまっていた。今月6日には省エネ技術を活用したインフラの海外受注獲得に向けて官民一体で取り組む官民協議会「スマートコミュニティ・アライアンス」が設立されたばかり。日本版スマートグリッドも先進技術として世界へ売り込みたい考えだ。

【関連記事】
官民一体で次世代送電網市場開拓 政府協議会発足
日立新社長、就任会見で「海外プロジェクトの受注目指す」
リチウムイオン電池へ積極投資 次世代エネルギーめぐり熱い戦い
次世代技術の日本規格を国際標準へ 経産省方針
台風や雷でも「365日24時間」電力安定供給
「中国内陸部の資源事情とは…?」

700万収賄の疑い 元常務理事逮捕 都家具厚生年金基金(産経新聞)
<自民党>鴻池元副長官、新党に参加せず(毎日新聞)
橋下知事の「大阪都」、平松市長が「目くらまし」(読売新聞)
23歳下の男性にストーカー容疑、63歳女逮捕(読売新聞)
飲酒運転し追突、神奈川県議逮捕(時事通信)
posted by にくやのむすこ at 22:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

仕分け第2弾、ネット生中継は1万人限定?(読売新聞)

 1万人規模の同時視聴を想定――。

 政府の行政刷新会議が23日から始める事業仕分け第2弾では、昨年11月の第1弾でのインターネット中継で、内閣府ホームページにアクセス(接続)が集中して接続障害が生じた反省から、当初から同時視聴可能な人数を1万人に設定することになった。

 7日に明らかになった運営方針によると、仕分け作業は2チーム同時並行で行い、各チームは4人の国会議員と、30〜40人程度選んだ民間の仕分け人の中から当日に都合のつく10人前後で編成。傍聴席は各チームごとに200〜300人分を用意する。

 会場は東京・日本橋と東京・西五反田の民間施設2か所をリストアップして最終調整中だ。事業仕分け前半では50前後の独立行政法人、後半は公益法人を対象とする。

<自民>新党結成の動き本格化 分裂に現実味(毎日新聞)
メキシコでM6・9の地震、津波の影響なし(読売新聞)
【写劇10】帆船「あこがれ」実習航海 みんなで動かした(産経新聞)
<金沢死体遺棄>スーツケースは22日以降に廃棄か(毎日新聞)
「大きな一歩、きちんと審理を」=決定に笑顔−面会人らに奥西死刑囚・名古屋拘置所(時事通信)
posted by にくやのむすこ at 22:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。